Shun with Hubert Sumlin at Pocono Blues Festival 2006 (Photo by Dusty)

Shun Kikuta News

1966年 、栃木県宇都宮市に生まれる。クラシックギターを弾いていた父親の影響で音楽に目覚め、10歳でギターを手にする。小学3年から高校3年まで野球部に所属した野球少年でもあった(高校で半年だけラグビー部に所属)。子供の頃の憧れは、王貞治と江夏豊。

クラシック、フォーク、フュージョン、ハードロック、ヘビー・メタルなど多方面の音楽に影響を受け、宇都宮高校1年時にはプロ・ミュージシャンになる事を決意。当時大きな影響を受けたギタリストは、エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーブ・ルカサー(トト)、ニール・ショーン(ジャーニー)、ゲイリー・ムーアら。 宇都宮高校3年時の担任に「アメリカの音楽がやりたいのなら、アメリカに行って勉強したほうが本物が身に付くんじゃないのか?」と言われ、アメリカ行きを模索する。高校卒業後、武蔵野音楽学院で1年の留学準備期間を経て、1986年 にボストンのバークリー音楽大学留学。バークリー1年目に、B.B.キングの「Live at The Regal」を聞いて衝撃を受け、ブルースに目覚める。

1990年  バークリー卒業と同時に、ブルースの都と呼ばれるシカゴへ。日本食レストランでバイトを始めるも2か月でクビになり、知り合いになったミュージシャンに勧められてストリートミュージシャンから音楽活動を開始。 ローザズ・ラウンジのオーナー、トニー・マンジューロの推薦で、ルイス・マイヤーズ・バンドの日曜ライブに参加。以降ジョニー・リトル・ジョン、ローリー・ベル、トミー・マクラッケン、ビッグ・タイム・サラなどのバンドで活動する。

1991年 「CHICAGO BLUES NIGHT」(GBW)にてCDデビュー。

1992年  CHICAGO BLUES NIGHT BANDで1か月に及ぶイタリア・ツアーへ。サルデニア島のロッシーロッシ・フェスティバルでB.B.キングの前座をつとめる。

1994年 「FUNKY BLUES」 Frank Collier band featuring Shun Kikuta and Junior Wells、また「TRIBUTE TO MAGIC SAM」(共にキング・レコード)でプロデュースとギターで参加。メジャーデビュー。 シカゴのソルジャーフィールドで行われたワールドカップ・サッカーの決勝トーナメント 、ドイツ対ベルギー戦の試合後に同スタジアムで出演。

1995年 初のリーダー作「THEY CALL ME SHUN」(キング・レコード)を発表。オーティス・ラッシュ、ジュニア・ウェルズなどのシカゴ・ブルースの大物がゲスト参加。同年ジュニア・ウェルズの全米、カナダツアーに参加。シカゴの以外のメジャーなブルースシーンを初めて体験した貴重なツアーだったと菊田は回想している。

1996年 2枚目のリーダー作「CHICAGO MIDNIGHT」(キング・レコード)を発表。“ブルースの女王”ココ・テイラーがゲスト参加。

1997年 東京新宿のパークタワー・ブルース・フェスティバルに出演し、JWウィリアムスや鮎川誠、石川二三夫らと共演。

1997年 「LIVE!!THE 3RD PARK TOWER BLUES FESTIVAL ’96」(キング・レコード)を発表。 「TRIBUTE TO MAGIC SAM」が、アメリカのエヴィデンス・レコーズより全米発売される。

2000年 ネリー“タイガー”トラヴィスをゲストに迎え「HEART AND SOUL」(M&Iカンパニー) を発表。ジャパン・ブルース・カーニバルに出演。“ブルースの女王” ココ・テイラーのバンド “ザ・ブルース・マシーン” のレギュラーメンバーに抜擢される。

2003年 アメリカのTV番組「An evening with B.B.King」のバンドリーダーに抜擢され、B.B.キングと共演。史上最大のブルース・ドキュメンタリー映画、マーティン・スコセッシ監督が総指揮をとるThe Bluesシリーズに出演する。

2006年 ローリング・ストーンズに捧げたアルバム「RESPECT THE STONES」(ジェネオン・エンタテインメント)に参加。 グラミー賞にノミネートされたココ・テイラーのアルバム「OLD SCHOOL」に参加。

2007年 ソロ・アルバム「RISING SHUN」(Yotsuba Records)をリリース。

2008年 ココ・テイラーとのツアー中にウィスコンシン州ブラックフォールズ・リバーで起きた大事故で、顔面左半分を4カ所骨折し、さらに右足の付け根から脱臼する重傷を負う。2か月間の静養期間を経て演奏活動に復帰。12月にはジョージ・ブッシュ大統領らが見守る中で、Kennedy Center Honorsに出演。クリント・イーストウッドから“Shogun of the blues(ブルースの将軍)”と紹介される。

2009年 栃木県知事の福田冨一に任命されて、栃木未来大使に就任。

2010年 シカゴデビュー20周年を記念したツアーを日本の3都市で行い、近藤房之助、木村充揮、鮎川誠、清水興、ichiro、鮫島秀樹、Nacomi、Brown Blessed Voiceなどがゲスト出演。

2011年 シカゴ・ミュージック賞をJ.Wウィリアムス&シャイタウン・ハスラーズのメンバーとして受賞。同バンドと青森で行われたジャパン・ブルース・フェスティバルに出演。フィリピン、マニラのCCP Jazz Festival、インドネシアのジャカルタ・ブルース・フェスティバル2011にメインアクトの一人として出演。

2012年 シカゴ・ブルース・フェスティバルのメインステージにココ・テイラー・トリビュートの一員で出演。

2013年 キング・レコードからベスト・アルバム「BEST OF SHUN’S BLUES」をリリース。フラワー・トラベリン・バンドの篠原信彦、和田ジョージ、ナニワエキスプレスの清水興、ヴォーカルのシュトウケンイチと“Legend of Rockers”を結成。ゲストに山本恭司(BOWWOW)、加納秀人(外道)、ROLLY、GAKUを迎える。6月にはキング・レコードより Legend of Rockersの「POWER IN MY ARMS」をリリース。台湾の金曲奨受賞歌手、李?莎-sashaのアルバムに楽曲提供、プロデュースも手がける。

2015年 ヘンリー・グレイとエディー・ショウをフィーチャーしたLegends Of Bluesに参加、フジロックフェスティバル、東京ブルーノートに出演。台湾の金曲奨受賞歌手、以莉高露(イーリーカオルー)のアルバムに参加、アレンジも手がける。

2016年 シカゴ・ブルース・フェスティバルのメインステージで行われた"Tribute to Otis Rush"に出演。堺ブルース・フェスティバルや神戸新開地音楽祭にブルース・プロジェクトで出演、ジャパン・ブルース・フェスティバルに2010年から7年連続出演する。チャーリー・ラヴと全国ツアーを敢行。

プレースタイル

本人はB.B.キングから一番影響を受けたと言っており、「単にギタリストやシンガーとしてでなく、存在の全てが人生の目標にできる人物」と評している。B.B.キング、アルバート・キングを中心とした50年代以降のモダンブルース・ギタリストのスタイルを継承しながらも、ブルースに傾倒する前にはクラシック、フォーク、ロック、フュージョン、ジャズなど多くの音楽に親しんできた影響もあり、曲によってはジャズ、フュージョンに通じるフレージングやコードワークを見せたり、レジェンド・オブ・ロッカーズのように80’sメタルの影響を感じさせるプレーを見せる事もある。

エピソード

B.B.キングと共演したその日に『君は肌の色の薄いB.B.キングだ。日本人である君の感じるものを音にどんどん出していきなさい』と言われ、大きく励まされる。

ミレニアム(2000年)の大晦日には、同じく大きな影響を受けたオーティス・ラッシュとシカゴのブルース・エトセトラでギグをやり、12時を回る前に一度演奏を止めてカウントダウンをやるはずだったのが、Stormy Mondayのソロでラッシュに勢いがついて、ソロを止めずにそのまま12時を過ぎてしまった。ノった時のオーティスは手がつけられないのを肌で感じたという。

ワシントンDCのケネディ・センターで行われた『ケネディー・センター・オナーズ』に出演した際、俳優のクリント・イーストウッドから“ブルースの将軍(Shogun of the blues)”と呼ばれたのに感動し、以来これを愛称として使っている。

2009年に母親のように慕っていたココ・テイラーが80歳で他界したのを機に、自分のルーツでもあるアジアでの活動にも力を入れようと決心をする。ブルースはまだ未開のアジアでBBやココやオーティスなどの偉大なミュージシャン達の業績を伝えながら、同時に自分の音楽性も磨いていこうと目標を据える。

ギター、エンドースメント

日本のMoon Guitarsからシグネチャー・モデル“Shun Kikuta Model”が発売されている。2007年に最初のモデル『ブルー・ムーン』が作られ、以降レッド、アジアン・ブルーなどが作られている。

表“ムーニー”克美が起こしたBlues Guitarのエンドースも受けており、Blues GuitarとBlues Vを使用している。

カナダのゴダンギターのアコースティックギター5th Avenueと5th Avenue CW Kingpinもエンドーサーとして使っている。

大阪をベースにするK-LICKSからオリジナルピックが発売されている。

テレビ出演

  • Channel 11 (Asian American Jazz Festival, Chicago Blues Festival)
  • NBC (Chicago News)
  • WGN (Blue Festival News, Chicago)
  • NBC (News, Chicago)
  • NHK (BS News, 日本)
  • フジテレビ (グラと我聞のアメリカ珍道中, 2000)
  • NHK BS ( Road to the Blues,日本,1999)
  • Rossi Rosi Blues Festival (Italy, 1992)
  • Kongsberg Jazz Festival ( Norway, 2002)
  • PBS TV (An evening with B.B.King, 2003)
  • PBS TV (The Blues Project, 2003)
  • 栃木テレビ (ドキュメント, 2010)
  • 青森テレビ (Japan Blues Festival, 2010~2015)

ディスコグラフィー

ソロ・アルバム

  • They call me Shun (King Records,1995)
  • Chicago Midnight (King Records,1996)
  • Me and my guitar (Bluesox,1999)
  • Live and kickin'(Bluesox,1999)
  • Rising Shun (Yotsuba Records, 2007)
  • Best of Shun's Blues (King Records, 2013)

コラボレーション

  • Funky Blues/Frank Collier Band featuring Junior Wells and Shun Kikuta (King Records,1994)
  • Live! The 3rd Park Tower Blues Festival/Shun Kikuta & JWWilliams (King Records,1997)
  • Heart and Soul/Shun Kikuta & Nellie"Tiger"Travis (M&I Company,2000)
  • GYOZA BLUES / Jamsbee with Shun Kikuta(Yotsuba Records, 2004)
  • THE MUSICMANSHIP / Jamsbee with Shun Kikuta (Yotsuba Records, 2005)
  • Power In My Arms / Shun Kikuta & Legend Of Rockers (King Records, 2013)

参加アルバム

  • CHICAGO BLUES NIGHT / Tommy McCracken and The Force Of Habit Blues Band, Deitra Farr, Katherine Davis, Chicago Beau and Willie Kent (GBW, 1991)
  • JUST A LITTLE MORE LOVE IS ALL WE NEED / Queen Ayacodobae (1996)
  • EXPLOSION / Kid Dynamite (1999)
  • I GOT IT LIKE THAT / Nellie"Tiger"Travis (2001)
  • Patrick Doody / Patrick Doody Group (2001)
  • RESPECT THE STONES(ジェネオン・エンタテインメント, 2006)
  • Old School / Koko Taylor (Alligator, 2007)
  • Essencially Yours / Chick Rodgers (Spellbound, 2007)
  • Bad Girl / Demetria Taylor (Delmark, 2011)
  • 2013 / 荒山亮 (2013)
  • 一個人,唱情歌 / 李?莎 (2013)
  • Bad Taboo / Carolyn Fe Blues Collective (2014)
  • 美好時刻 / 以莉·高露 (2015)
  • 和楽 / 古田佳子 (2015)
  • BEAT CLUB ALL STARS 4 (Yotsuba Records, 2015)

教則DVD、教則本

  • シカゴ・ブルース (DVD リットー・ミュージック 1999)
  • R&Bギターの常套句 (DVD リットー・ミュージック 2004)
  • ブルースギターの常套テクニック (DVD リットー・ミュージック 2005)
  • ブルース・ギター・ジャム・セッション (本 リットー・ミュージック 2005)
  • ブルース・ギター・ジャム・セッションRー伝説再臨ー(本 リットー・ミュージック 2006)
  • 菊田俊介式ブルースギター、感情にグッと来るコール&レスポンスの流儀 (アルファノート, 2014)

音楽ライターとしての執筆活動

  • 地球の歩き方シカゴ編のブルース紹介とコラム(1992-2011)
  • ブルース&ソウル・レコーズのコラム「シカゴ・ブルース通信」(ブルースインターアクションズ 1993-2007)
  • ギターマガジンのコラム「シカゴ・ブルースの歩き方」(リットー・ミュージック1997-2007)
  • 下野新聞コラム(2007-2008)

2017年3月、世界のブルーススポットをまとめた初の著作「世界のブルース横丁」がリットーミュージックより発売になる。

講演活動

中学校、高校、お寺などで、「夢を大きく描こう」、「生き方の流儀」などの演題で講演も定期的に行っている。 特に若い世代にブルースの素晴らしさと楽しさを伝えていくこと、自身の経験を話すことでいろんな生き方のオプションがある事を伝えていきたいと考えている。

 

https://www.facebook.com/shunkikuta.music (Facebook official page)



★Shun のブログとファンページもどうぞよろしくです!

オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/shunkikuta
フェイスブック・ファンページ:https://www.facebook.com/shunkikuta.music

プライベート・ギター・レッスンの
お問い合わせは、shun@shunkikuta.comまで。

 

w/ Koko Taylor

w/ B.B.King

w/ Otis Clay

w/ Gary Newell and Robert Cray

w/ James Cotton

w/ Irma Thomas

w/ John Mayall and Otis Rush

w/ Buddy Guy
w/ Jimmie Vaughan
w/ B.B. King
w/ Taj Mahal
w/ Lurrie Bell
Photos by Corey, Kenji Oda, Masaki Rush, Dusty and Mitsuko Todoroki